足湯復活にむけて

体を温めたいということを課題としているこの頃ですが、徳力の方で保温フットバスを試してみています。

 

発泡スチロール製の深い容器に足を入れるだけなのですが、保温時間や態勢保持に辛さはないかなど、スタッフの体でいくつかのパターンを試しました。写真に写っているのはスタッフ1の寒がり神野です。

 

すでに数名のお客様にもモニター体験していただいて、今月中にお披露目させていただこうかなというところまで来ています。

 

城野ロッコでは階段がある関係で“難しい”とされていますが、こちらも引き続き「温めたい」を考えていこうと思っています。