目指すは内村航平選手?

本日ロッコ勤務のタガシラです。

ロッコの2階からは開発中のボンジョーノが見えます。

立派なSEKISUI HOUSEの家がまさに建設中というところです。

 

城野のロッコは太陽光が燦々と差し込む風通しの良い店舗です。

路面店ですので、予約なしの通りすがりに来店される方もいます。

 

コンビニ感覚で「20分だけして!」という近所のOLさんや、営業マンさんもいます。

 

徳力リセッタはロングコースでゆっくりされるが多い傾向

城野ロッコはゆっくりされる方と短時間でパパッとという二極化なイメージ

 

セラピストとしては「20分のパパッと」は技量を問われるところです。

以前(すごく前ですが)働いていたお店では「新規のお客様と20分以内のコースは新人担当するべからず」というのがありました。

 

○新規のお客様に新人が当たって、満足いただけなかったら次のチャンス(リピート)はない。

○20分の短い時間でほぐすには、それ相応の経験が必要。新人では結果が出せない。

 

そのような考え方だったように思います。

今その考えが合っているかどうかは別として、短い時間でお客様の疲れを取りたい!というのは簡単ではないです。早くお客様が何を求めているのか察知しなければならないですし。

 

 

内村航平選手のようなオールラウンダーになれるセラピストは少ないです。