安いお店は怖くて

お客様とのお話の中で時々出てくるのは

「安いお店はなんとなく怖い」「安いお店は痛い」「安いお店に知り合いが行ったら・・・」というよう言葉です。

 

そもそも「安い」とはどのくらいの料金を言うのでしょう。

おそらく「60分3000円」のことでしょうか。

 

当店では60分5000円くらいですから、料金差はそれなりにありますね。

 

個人的には「安いからよくない」とは思わないです。

そういった定額料金のお店に知り合いも勤めていますし、キャリアも申し分ない人です。

そういった担当者に当たれば、お買い得!だと思います。

気になっている方は、まずは入りやすそうなお店で挑戦してみてはどうかなと思いますよ。

 

ロッコやリセッタはそういった相場のお店をライバル!とは思っていません。

私たちは深夜まで営業しませんし、激安にもできませんし、自分たちの身の丈でしか頑張れないので、無理のし過ぎはしないように心がけています。

 

ですから、「もっと安いのないの?」と聞かれた場合は、安いお店をご紹介することもあります。

全ての方に納得して頂くのは難しいです。

 

格安店が出来て、個人的には感謝しています。

お客様の選択肢も増えますし、セラピストの行き場も広がります。

特に「安い」という感覚は、ご新規様にはよい材料だと思うので、今まで「マッサージなんて高嶺の花」と思っていた方には最高で、リラクゼーション業の発展に重要な料金設定です。

 

 

スタッフにより実力差がある傾向にあるようですが、そこは各お店の研修制度の問題ですので、運(出会い)ということでしょうか。