卒業と夢

本日あいにくの雨模様ですが、北九州市の小学校は卒業式だったようです。

先日「卒業ソング特集」という番組を見ましたが、近年の小学生はどんな歌を歌ったのでしょうかね?

 

小学校時代の卒業ソングは思い出せませんが、中学校の時は「威風堂々」だった気がします。

いま~おーわる~、ひとつのこと~♪

 

結構覚えているものです。

 

12歳、13歳、まだまだどんなことにもチャレンジできますね。

素敵な夢や目標ができるといいですね。

 

先日小学校4年生の甥っ子に「将来なんになりたい?」聞いてみました。

 

ちょっと反抗期なのか、ぶっきらぼうに

「わからん」

 

「今のところ、こういうのがいいな~とかないと?」

 

「ゲーム作る人?」(あるじゃん!とは言わない・笑)

 

自分が今はまっているゲームの影響大。

子供ですから、こんなものなのでしょうね。

 

でも面白いのが、「でも、お母さんみたいな仕事もいいな~」と言うのです。

ゆっくり考えれば、自分のやりたいこと、興味があることも出てくるようです。

そして、身近な人の仕事というのは影響大きいですね。

 

「じゃぁ、頑張って安川電機に就職しなさい」ともまだ言ってないですが、言いたいですね(笑)